ありのままの自分を受け入れる方法を誤解していませんか?むりやり「受け入れ」ようとするから、うまくいかないんです

ありのままの自分を受け入れる方法」は、実は思いっきり誤解されています。

今の自分をそのまま受け入れようとしたって、絶対うまくいきませんからね?

この記事では、「ありのままのあなた」を受け入れるための、具体的な方法をお伝えしていきます。

ありのままの自分を受け入れる方法とは?

さっそく結論を言いますね。

ありのままの自分を受け入れる方法。

それは、自分が大嘘つきであることを、素直に認めること。
 

……以上です(笑)
 

さすがにそれだけでは不親切なので、その理由を、今からお話ししますね。

私達はみんな嘘つきってホント!?

嘘つき

1つ質問させてください。

そもそも、あなたは嘘つきですか?

イエスと答えたあなた

あなたは正直者です(笑)
 

 ノーと答えたあなた

あなたは残念ながら嘘つきです…(笑)
 

というか、まず大前提として、私達はみんな嘘つきです。

そして基本、そのことに無自覚です。

無自覚だからこそ、やっかいなわけです。

だって、

「ありのままの自分を受け入れたい!」

って口では言っていても、そもそもの「ありのままの嘘つきな自分」に無自覚なんですよ?

それって、思いっきり矛盾してると思いません?(笑)

自分自身への嘘とは?

自分が嘘つきだと納得できないあなたのために、フォローしておくと、ここで言う「嘘」とは、他人に対してのものではなく、自分自身に対してのものです。

私達は、自分に嘘をついて生きているってことですね。

それ自体は、別に悪いことではないです。

だって、自分のドロドロとした欲望にどこまでも正直に、貪欲に生きていたら、あなたは1日で人々の信頼を失いますよね?

下手をすれば犯罪者です(笑)

だから、真っ正直な自分の欲望に対する嘘というのは、多かれ少なかれ、誰もがついているわけです。

理性という名の嘘ですよね。

「理性」という涼しげな言葉の下には、どす黒い、見るに堪えないあなたの本性が潜んでいるわけです(笑)
  

他の例としては、失恋の痛みを、相手への怒りに置き換えたりするのも、自分への嘘と言えます。

振られた痛みに向き合うのは辛すぎるので、怒りを作り出して相手を憎むことで、自分を守るんですね。

悪者をサンドバックにすることで、「愛してほしい!」という絶対に認めたくない本心から、目をそらすわけです。
  

他の例としては、嫌なことをされた相手を怒る代わりに、自分を責める嘘もあります。

優しい自分は、たとえ相手に非があるからといって、人を責めたくなんかありません。

むしろ、相手にそんな行動を取らせてしまった自分が悪いんだから、責められるべきは自分なんです。

そうやって、「いい人」の仮面を被ることには成功しますが、腹の底では、煮えたぎる怒りが渦巻いてたりするんですね。

もちろん、自分の本心を偽っているので、その怒りには気づきません。

むしろ、自分には怒りなんてないとさえ思っています。

そうやって、自覚されない隠れた怒りの炎が、少しずつ体を焼いてしまうんですね。

結果、原因もわからないまま、病気になってしまうこともあります。
 

こんなふうに、人間である私達は、社会でうまくやっていこうと必死になるあまり、幸か不幸か、自分に対して様々な嘘をついてしまっているんですね。

そして、あまりにもそれを自然にやっているために、逆に、普段からそれを自覚することが難しいんです。

ありのままの自分を受け入れるための大前提

でも、ありのままの自分を受け入れたいと思うのであれば、ここを無自覚のままにしておくことはできません。

受け入れるためには、まず、自覚しなければ話にならないですからね。

でないと、一体「何を」受け入れるの?って話ですから。

「ありのままの自分を受け入れる」っていう、美しいスローガンをかかげて額縁に飾っているだけでは、一歩も前進しないわけです。

受け入れるためには、受け入れる対象を知ろうとしなければなりません。

そして、「受け入れる対象」というのは、あなた自身のことです。
  

なので、まずは、

「自分の嘘に気づいているかどうか?」

 そこが出発点になります。

「ありのままの自分を受け入れる」ことへの誤解とは?

多くの人が、ありのままの自分を受け入れられない理由も、ここにあります。

というか、みんな大きな誤解をしています。

というのは、ほとんどの人は、「受け入れる」方にばかり目が行ってしまっているんです。

今の自分をそのまま受け入れることさえできれば、人生変わるに違いない、と思い込まされているんですね。

とんでもない!

今、自覚できている自分なんて、一体何%が本当の自分でしょうか?

順序が逆です。

受け入れるためには、まずは、知らなくてはなりません。というか、知らないと受け入れることができません。

そして、自分を知るというのは、綺麗ごとだけで済むものではありません。

あなたのいい面も、悪い面も、綺麗な面も、汚い面も、嘘つきな面も、残らず知る必要があるんです。

頭で認識するんではありません。心で向き合うんです。

これには結構なエネルギーが要ります。

でも、これができた時には、既にあなたは、ありのままの自分を受け入れることができているはずです。

知るということは、実は、受け入れることと同じ意味なんです。

つまり、「受け入れられない」と悩んでいる時点で、まだ自分をちゃんと見ていないというだけの話なんですね。

結論

ありのままの自分を受け入れること自体は、本来は、シンプルなことなんです。

ただ単に、自分の嘘から目をそらさずにとことん見て、本当の自分を知ればいいだけの話ですから。

「 知る = 受け入れる 」
   

実はそういうことなんですね。

 上矢印上矢印上矢印 限定特典として

30分で人生の目的がわかる音声セミナープレゼント中!プレゼント