魂の望みを知る方法-感動体験を掘り下げる-

もし、何かに感動した経験が一度でもあるのなら、そこから自分の魂の望みを知ることができます。

この記事では、そのための具体的な方法をお伝えしていきますね。

感動体験は魂の望みを教えてくれる

感動する女性

感動体験というのは、魂の願望を知るための格好の手がかりになります。

例えば、私はある時、素晴らしい歌を聴いて感動し、「自分も歌で人を感動させたい!」と強く思いました。

しかし、次の瞬間、自分が歌手ではなく、歌もそれほど上手くないことに気づきました。

40歳を過ぎているし、仮に猛特訓したとしても、たぶんプロにはなれないでしょう。

さて、困りました。

これでは人を感動させることができません。

人を感動させたくても、私はそのための手段を持っていないのです。

でも、だからといって、それを「一時の気の迷い」で片付けてしまっては、もったいないです。

魂の願望のヒントは、そういうところにこそ、隠れているからです。

「一時の感情」と魂の願望を混同してはいけない

ただし、「歌」とか「感動させる」というキーワードにこだわりすぎてしまうと、それ以上先には進めなくなってしまいます。

実は、大事なのは、そういうわかりやすい部分ではないんです。

もっと深く、自分の内側を探っていく必要があります。
  

ちなみに昔の私は、 

「すばらしい歌を聴いて感動した」
   ↓
「自分も人を感動させたい!」
   ↓
「よし、小説で人を感動させよう!」 

という単純思考でした。  

これは駄目な例です(笑)
まず行き詰まります。

……実際、行き詰まりましたが(泣)

何がいけないのかというと、一時の感情と魂の願望を混同してしまっているからです。言ってて悲しくなりますが。

では、実際どうすればいいのでしょうか?

視点を変えるススメ

まずは、「自分がどの部分に心を打たれたのか?」を深く問いかけます。
  

私の例では、少し冷静になって、感情を落ち着かせた後、心のもう少し深い部分に尋ねてみる必要があります。

自分を惹きつけたものは、一体なんだろう?

ここでのコツは、少しだけ、視点を変えてみることです。

「歌」や「感動」という単語からいったん離れます。

そして、価値観という切り口から探ってみます。
  

すると、私の場合、

「人の心を動かす」

とか、

「ぶれない生き方」

という抽象的なキーワードが浮かび上がってきます。

むしろ、この段階では、そういう漠然とした答えの方がいいです。

次は、出てきたそれぞれの価値観を、さらに深堀りしていきます。

価値観を深掘りする方法

(深堀りの例①)
 
「人の心を動かす」ことの、どこに魅力を感じるのか?
 
 ↓
 
自分のスキルが人の役に立ったと実感できるところ


 ↓ (その裏にある願いは?)


1つのスキルを高めていきたい!

(深堀りの例②)
 
「ぶれない生き方」のどこに魅力を感じるのか?
 
 ↓
 
1つのことで高みを目指していくところ
 

 ↓(その裏にある願いは?)

 
1つのことを極めたい!

こんなふうに、私の場合は、

  • 1つのスキルを高めていきたい!
  • 1つのことを極めたい!

という願いに行き着きました。

どうやら私は、緋村剣心よりも斎藤一に魅力を感じるようです。

牙突だけを撃ちまくりたいみたいですね。

魂の望みを具体化する

ここまでわかれば、あとは、自分の体験や環境を、その願いと結び付けるだけです。

例えば、過去の経験や今の環境、持っている知識や情報、これから学べることなどを、手当たり次第に紙に書き出していきます。

私の場合は、

  • 20年以上の瞑想・スピリチュアル歴
  • 様々な挫折と、それを精神的に乗り越えてきた体験
  • コーチングやカウンセリング、ヒーリングのスキル
  • 文章を書くのが好き

などなどが、先ほどの願いと結び付いて、

「スピリチュアルコーチとして精進しながら、日々、自分を高めていく」

という1つの答えに行き着きます。
  

もちろん、これはあくまで一例にすぎませんが、こんなふうにして、魂が望んでいることを自力で見つけ出すことは、可能なんですね。

「感動した体験」から、魂の願望を導く方法は、意外とオススメです。

あなたも、試してみてはいかがでしょうか?

 上矢印上矢印上矢印 限定特典として

30分で人生の目的がわかる音声セミナープレゼント中!プレゼント

魂の願望

Posted by YK